どうも!

30代40代男性専門「セフレ作り」コンサルタント、

インテリ山下です。

 

山下の自己紹介、実績はこちら

 

ハッピーメールで、ポイント持ってるけど、有効期限てあるの?」
「ハッピーメールでポイント買いたいけど、買い過ぎて期限切れたらやだな。。」

と思っていませんか?

 

ハッピーメールのポイントは、きちんと有効期限が存在します。

せっかくポイントを買っても、期限が切れたら、全くのゴミ!

きちんと確認しておきましょう!

 

以下、目次です。クリック(タップ)して好きなところにジャンプできます。

ハッピーメールのポイントの有効期限は180日

6.
2013年3月27日から発行するハッピーメールポイント/コインの有効期限は購入より180日が経過した時点で失効します。

2013年3月26日までに発行したポイント/コインにつきましては、有効期限は設定していません。

ただし、会員が本サイトに最後にログインした日から1年間が経過した時点で、 当該時点に会員が保有するポイント/コインは全て失効するものとします。

 

ハッピーメールのポイントは、購入日から、180日経過すると、失効します。

「購入日から」というところに注意しましょう!

「最終ログイン日」でもなく、「最後にポイントを使用した日」でもありません。

PCMAXだと、「最終ログイン日」が、起算点になります。2つの違いに注意しましょう。

 

ポイントを増やす方法がある

ハッピーメールで課金しなくてもポイントが増えたらうれしいですよね。

これがタダでポイントを増やす方法があるのです。

詳しくはこちらの記事で書いてるので読んでください。

ポイントの有効期限から考える、購入ポイントの数

ハッピーメールは、課金金額が大きくなればなるほど、還元率がよくなりますので、まとめて買ってしまいたくなります。

 

しかし、購入日から180日で失効すると考えると、たくさんのポイントを買っても使いきれなかったら意味がありませんね


あまりいないと思いますが、例えば、10000円分のポイントを買うとかですね。

 

そう考えると、

1回の課金で、2000円か3000円がベストではないでしょうか。

よく使われるクレジットカードでの課金ですと、

・2000円で、230pt
・3000円で、370pt

ゲットできます。

 

370ptあれば、メール送信(5pt消費)が、74回行えますので、十分なラインだと思います。
一日1回メール送信したとしても、74日。失効することもありません。

 

ポイントの浪費に注意すれば、3000円でかなり持ちます。

僕自身も、3000円課金が一番多いです。

まとめ

・ハッピーメールのポイントは、「購入日から180日経過で失効する」

・2000円ー3000円課金ぐらいが、余らせて失効することもない金額

 

正真正銘の優良出会い系、ハッピーメールに登録して、女性と会いましょう。

 

ハッピーメールの体験談はこちら!

 

なぜ山下はホテル直行しまくれるのか、その秘密知りたいですか??

このブログを読んであなたはこう思うかもしれません。

「会ってすぐにホテル直行??どうせ割り切りだろ?!」
「どうせお金を払ってホテル直行してるに決まってるよ!」

 

お気持ちはわかります。
普通に考えたら、素人の女が、割り切りなしでホテルに直行できるはずがない。とね。

 

でも、このブログの体験談は、ファンタジーでも妄想でもなく、、、事実なのです。
(なので、いつ体験談を削除するかわかりません。。。)

もしあなたが、ホテル直行の秘密を知ったら、
「なるほどー、そういうことだったのか!!」と納得するでしょう。

 

その秘密について知りたくないですか??

 

しかし、ブログという不特定多数が見れる媒体では、とてもじゃないけど書くことはできません。

 

ぜひ、山下の公式LINEに登録して、僕に聞いてください。

今、公式LINEに登録すると、、、

  • 「無能な社畜が出会ってわずか10分でセックスした方法」のPDF
    (山下の実話をもとにした、文字数14000文字以上の大作です!)
  • YouTubeでは未公開!ネットナンパの攻略動画(13分25秒)

無料でプレゼントします!!

 

LINEであれば、タップするだけでブロックできますから、
ウザくなったらブロックしてくれて構いません。

 

ぜひ、僕と友達になりましょう!

タップすると、友だち追加できます。

友だち追加
パソコンでブログを見ている場合は、スマホでLINEを開いて、
ID「@936ajoiu」を検索!(@を忘れずに)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事