【ワクワクメール体験談】人妻と平日昼間からホテル直行中出し②

どうも、30,40代男性専門「彼女・セフレ作り」コンサルタント

インテリ山下です。

ワクワクメールで実際会った実録の続編読みたいですか?

メルマガでかなり好評だったので、続きを書きます。かなりやばい内容なんで、いつ消すかわかりません。。。

前回記事→出会い系アプリのおすすめで、人妻と簡単に出会った実録。①


前回の復習を軽く-

昼過ぎにワクワクメールで出会った、人妻から誘いのLINE
↓(画像は前回記事)
待ち合わせ

いつものホテル。今回の部屋は漫画喫茶風でしたw
(画像はメルマガ限定。一番下から登録してくれると嬉しいです)
※ワクワクメールはほんと優良サイトです。
累計何人あったかわかりません^^


※登録してくれた方は、youtube未公開の限定動画1,2を

プレゼントしますのでLINE@まで連絡くださいませ♪

(LINE@は、パソコンの場合は、サイドバーから。

スマホの場合は、一番下の方にスクロールするとあります。)

限定動画1、2見れば、かなり攻略できますよ^^

 

その日は疲れていて(おそらく夏バテw)

生ハ〇しても、2回とも、いけなかった。。
今回は疲れてるし、仕方ないかぁと思ってました。

でも。。。
終わった後、ベッドで話してると、
この人妻が、結構エロい事を言うんですよね。

「あー中にドクドク欲しかったなぁ。。」

「この前はダメだったけど、今日なら大丈夫なのになぁ」

とか。。。
普段交わってるときにも、
結構自分からエロい事をいう人妻なんです。

「オ〇○コ気持ちいい!」とかw

なんで、今回も冗談なのか、本気なのかわかりませんww
そこで、真面目に聞いてみました

「本当に中大丈夫なの?!」

「うん。いいよ。危険日じゃないし」

これは聞いたら、あなたはどうですか?

僕じゃなくても、燃えませんか??

というわけで、疲れてるのに、3回目に突入。笑
交わってるうちに、、、

人妻が、「中に精○ちょうだい!」

とか、ほんとまたAVみたいなセリフを言うわけですw

僕も疲れていて理性が完全に吹っ飛んでいて。。

ついに。。。。

出しちゃいましたww


しかも疲れてるはずなのに、大量でした(驚)

まさにAVのような話が、現実となりました!

人妻は少しビビってました

「疲れてるって言ってたから少ししか出ないと思ってのに、
凄いドクンドクン出るの感じた。。」とかw

その後は、急いでシャワー等浴びてました、

僕は、とんでもない恍惚感とともに、なんか背徳感も感じました。。

「ほんと大丈夫かな?!」
「まぁ、向こうがいいって言ったんだし」etc

とかいろんな感情が入り混じる体験でしたね。

その後も、この人妻とはやり取り続いてます。
まぁ当分セフレ関係は切れないでしょうけど。

 

でも、もう中はしないという話になってます。
が、わかりませんね。。

 

あの理性が吹っ飛ぶ感覚はやばかった。。
ほんとそのままあの世にいきそうでした笑

 

人妻とのその後のやり取りがこちら↓

(すいません、メルマガ限定です。。)

 

その②↓
(すいません、メルマガ限定です。。)

 

「おい、山下!何妄想で、エロ体験談書いてんだ!
そんなの2ちゃんだけの話で、実際あるわけねーだろ!」

と思いますか?無理もありません。

僕だって、疑うと思いますから。

でも、ぜーんぶ本当なんですね。

画像を見れば、わかると思います。

(今回は、メルマガか会員制プログラム限定ですいませんが。。)

僕みたいな、元無能な社畜でも、やり方学んで積み上げていけば、
AVさながらの体験ができるわけです^^

10分でセックスも、ホテル直行も、今回の生○も。。

あなたも、NNMPなどで、きちんとやり方を学んでいけば、
こういう体験ができるわけです^^

ほかにもホテル内での音声や、動画などいろいろありますが、
NNMPで配信したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。


ブログランキング参加しています♪一日一回クリックご協力お願いします♪


秘密の恋愛ランキング
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

無能な社畜が、わずか10分でセックスした奇跡。そのPDFレポート、59ページ以上を無料プレゼント!

30を過ぎて、会社で疲れた社畜。無能過ぎて上司に怒られ過ぎていつも憂鬱。

そんな男が、出会ってわずか10分で、セックスしたキセキ。。

・イケメン?ルックス?それより大事な事は。。

・なぜ、このトークなのか?

・女子に〇○○を与えて、警戒心を解く

ほかにも、ブログでは言えないことが盛りだくさん。

PDF59ページ以上、総文字数14000文字以上の大作です。

これを無料で読むことができます。

ぜひ登録してください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事